会社定款は英語で作成するべき?

香港会社設立に必要な会社定款は英語で作成するべき?

香港会社設立において、欠かせない書類の一つが「定款」です。これは、会社の基本的な枠組みや運営方法を定めた重要な資料であり、英語もしくは中国語で作成する必要があります。しかし、どちらの言語を選ぶべきか迷われる方も多いのではないでしょうか。

定款は、大きく「基本定款(Memorandum of Association)」と「通常定款(Articles of Association)」の2つから構成されます。基本定款では、会社の目的や事業内容、資本金などを定め、通常定款では、株主の権利や取締役会の権限などを定めます。

結論から言うと、香港会社設立において定款は英語、または英語と中国語の両方で作成することが推奨されており、その理由は、大きく以下の4つに分けられます。

まず、香港のビジネス上においては英語が一般的である点です。香港は、イギリス植民地時代の歴史から、英語と中国語が公用語として定められています。そのため、会社設立に関する法令や書類も基本的に英語と中国語の両方で作成することが一般的ですが、定款も例外ではなく、英語と中国語の両方で作成することが可能です。

しかし、香港政府は英語を優先言語としており、多くの公式文書や手続きは英語で進められます。そのため、定款も英語で作成することで、香港政府との手続きがスムーズになるというメリットがあります。

次に、英語で作成された定款はグローバル展開に有利になる点です。英語で作成された定款は、海外企業との取引や投資活動において大きな利便性を発揮します。契約書や議事録などの作成、海外投資家への説明など、様々な場面で英語の定款が役立ちます。香港を足がかりに海外進出をお考えの会社であれば、現地当局への申請や許可取得に、英語で作成された定款が必要となり、英語で定款を作成しておくと、スムーズに海外拠点を設立することができます。このように、英語の定款はグローバルビジネス展開を成功させるための必須アイテムと言っても過言ではありません。

また、香港の会社法は、英語で制定されています。そのため、英語の定款であれば、法令に基づいた内容であることを容易に確認することができます。特に、法的な責任を伴う定款においては、内容の正確性が非常に重要です。会社の名称、目的、事業内容などが、香港会社法で定められた要件を満たしているかどうかなど、英語の定款であれば、誤解を招くことなく、法令に基づいた内容であることを確認することができます。

香港で会社設立を行う場合、定款は単なる形式的な書類ではなく、その後の経営やトラブル発生時に重要な役割を果たす場合があります。特に、株主や役員間で意見対立や紛争が発生した場合、定款の内容が双方の権利義務を定める根拠となり、紛争解決の糸口となることが少なくありません。英語で作成された定款であれば、弁護士や裁判所などの関係者も内容を容易に理解することができ、迅速かつ円滑な解決に繋げることができます。一方、中国語のみの定款であれば、英語に堪能な弁護士やコンサルタントなどの第三者の介入が必要となり、時間と費用がかさむだけでなく、内容の誤解や解釈の違いが生じるリスクも高くなります。また、法的な争いが発生した場合、英語で作成された定款の方が法的効力や裁判所での証拠能力が高くなると言われています。

もちろん、中国語で定款を作成することも可能です。しかし、上記のような理由から、香港会社設立においては英語での作成、または英語と中国語の両方で作成することが推奨されています。

英語に自信がない場合は、翻訳会社に依頼することもでき、会社設立の専門知識を持つ翻訳会社であれば、法令に基づいた正確な翻訳で定款が作成可能です。会社設立に関する法令や手続きは複雑な場合が多いため、弁護士などの専門家に相談することもおすすめです。弁護士は、会社設立に関する法令や手続きについて詳しく理解しており、適切なアドバイスをしてくれます。

香港会社設立は、海外進出の第一歩となる重要なものです。その中でも定款は、会社の基本的なルールを定める重要な書類となります。しっかりと準備を進め、問題なく香港での会社設立を成功させましょう。